seminar
Arrow
Arrow

物件に的を絞ることによって

物件に隠れた可能性を最大限に引き出すような管理ができていないケースが多いことがわかってきた。これには、理由になりそうなことがたくさんある。

  • 移動の問題。自分の住んでいる町から遠く離れた人気の高いマーケットで物件を買ったはいいが、物件の管理にどれだけの時間とエネルギーを要するかを甘くみている人が多い。それに移動の時間と費用を足してみれば、オーナー不在の物件がこれほど多い理由がわかるだろう。
  • 無関心。よそから来た人は、時間がたつうちに、いともたやすく物件に対する興味を失い無関心になってしまう。自分で別にお金を稼いで、いて、その物件によって日々の生活が回っているのでない場合は特にそうなる。-認識不足。不動産投資ビジネスは、投資であってビジネスではないと間違って信じ込んで、いるオーナーが多い。彼らは不動産を、株や債券のように買ってほったらかしにしておけばいいと考えている。これは、本当は運営しなければならないビジネスなのだ。
  • 情報不足。これは、私の会社が管理するある物件で実際に起こったことだ。オーナーたちは、マーケットや、マーケットの潜在能力、物件そのものの状態についてまったく知らなし3。問題のオーナーは物件を見もしないで買ってしまったのだ!私にはとうてい理解できない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *